写真は心の旅の記録


by hirohassy
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:森の旅( 75 )

Wings

寒い朝、国道の高い橋から古い橋を眺めていた。

d0113745_20142834.jpg


足元から落ちた雪は翼のように大きく広がって飛んでいった。

静まり返った中で、色、形、音に息を呑んだ瞬間だった。

<撮影ノート>

水面に移る影は「第三音更川橋梁」です。
影をどう撮影しようかと眺めていた時に足元から新雪がスーッと落ちていき、
その様子を何枚か撮影した中の1枚です。
その後、何度か同じような写真が撮れないかチャレンジしましたがダメでした。
やはり一期一会ってやつなんですね。
[PR]
by hirohassy | 2012-02-15 20:25 | 森の旅

続・夏の色

初夏になると一斉に咲き出すエゾカンゾウ。

d0113745_21504871.jpg


海の色にこの花の色は映えますね。
数週間しか見ることの出来ない鮮やかな海の色、夏の色です。

岬を思い切りぼかして撮ってみました。

<撮影>
CANON EOS20D With EF17-40mm F4
F5.6 1/1000sec ISO100 手持ち 2007年初夏に積丹半島にて
[PR]
by hirohassy | 2011-07-14 21:55 | 森の旅

夏の光粒

湖の水面が風に揺られていた。
d0113745_20485561.jpg


無数の粒がざわめく瞬間を撮ってみた。
ボクはいつもこの光に心が踊る。

樹の実が露に濡れて光っていた。
d0113745_20504978.jpg


みずみずしさを撮ってみた。
ボクはいつもこの光に息吹を感じる。

光がある以上、
こうした光の粒たちを撮っていきたいと思う。

<撮影>
1枚目:CANON EOS10D With Vario-Sonnar 200mm F4
F5.6AE +1.0 ISO400 100mm

2枚目:CANON EOS30D With Tele-Tessar200mm F3.5
1/250Sec,AE -1.0 ISO200
[PR]
by hirohassy | 2011-06-28 20:57 | 森の旅

違うかたち

森でまた見つけた、変わったかたちをした樹。
d0113745_2021773.jpg


どうしたらこういう、周囲とは違うかたちになっていくのか
考えてみるもののやはりボクには分からない。
でも天の邪鬼な自分に似ているような気もしてならない。

<撮影メモ>
樹に限らず、こうした変わったかたちのものに目がいっちゃいます。
そして何度もシャッターを押してしまいます。


CANON EOS30D Digital With EF-S 17-85mm F4-5.6
F8AE +0.5 ISO400(24mm域)
[PR]
by hirohassy | 2011-06-05 20:27 | 森の旅

静けき森で

霧の朝、海へ通じる深い森へ
何かに呼ばれるようにして訪ね歩いた。

d0113745_13405690.jpg


遠くから海を渡る船の音と波の音だけが聞こえてきた。
樹々は見下ろすかのように見えた。
そして時折少しばかりの雫を降り注いでくる。

小道の足下を見ると可憐な花たちが
わずかな風と雫で寒そうに見えた。
d0113745_13455953.jpg


歩きながら何度も見上げ、足下を見るを繰り返す。
d0113745_13474768.jpg


少しずつ明るくなって、葉の色が透き通っていく。
空気を胸いっぱいに吸い込み、
今の季節を実感することが出来た素敵な朝だった。

また来よう。

<撮影メモ>

1枚目:霧の深さと寒い様子を撮影しようしましたが、伝わるかどうか‥
    CANON EOS 10D Digital With Pentacon 29mm F2.8 MC
    F4AE +0.5 ISO400

2枚目:道ばたに寄り添うように咲く「ヒトリシズカ」
    CANON EOS 10D Digital With Planar 50mm F1.4 / F5.6AE +0.5 ISO400

3枚目:ここだけが明るく感じました。
    CANON EOS 10D Digital With Zenitar 16mm F2.8 / F5.6AE +1.0 ISO400
[PR]
by hirohassy | 2011-06-01 13:59 | 森の旅

滝見

3年ぶりに有明の滝へ行ってみた。
陽の差さない曇り空はコントラストの低い光景だった。

滝までの道は以前とあまり変わらなく感じた。
その道から小さな川を見下ろしては、
何度も川伝いにのんびりと歩いた頃を懐かしんだ。

川には以前よりも倒木が何本も覆い被っている。
歩くこの道もその始末の跡が残っていた。
d0113745_1613255.jpg


滝を正面に見ながら光を待ってみる。
明るくなるものの一向に陽が差してこない。
あたりをうろうろしながら
川を見たり樹をみたり、空を見上げる。

ようやく陽が差して来だして
滝の飛沫を浴びる場所へ移動した。
 
なんだか心が洗われたような気がした。

<撮影メモ>

カメラが飛沫を浴びて濡れるくらいの距離で撮影しました。
撮ってはカメラを帽子で覆い、撮ってはまた帽子で‥‥を繰り返しながら。

CANON EOS30D Digital With EF-S 17-85mm F4-5.6 / F11AE +0.5 ISO100
[PR]
by hirohassy | 2011-05-30 16:23 | 森の旅

かたち

早朝に懐かしい故郷の森を訪ね歩く。
深い霧のこの日は一層懐かしい森の香りがした。

細く長い林道を歩いていると、
大きく湾曲した樹を見つけた。
d0113745_1545318.jpg


一本の根元から数本に分かれて、
そのうちの一本がこうしたかたちを成していた。
どうしたらこうなるのか、ボクには分からないがきっと、
何かの理由があるのだろうと思う。

道ばたの切り株に腰を降ろし、
しばらく森をあちこち眺めていたら斜面に蜘蛛の巣を見つけた。
d0113745_15504261.jpg


この巣の主は露に濡れるのを嫌い、
どこかで息を殺しながら獲物を待っているんじゃないか
そんなことを想像しながらシャッターを何度も押した。

生き物の作るかたちは、
生きることと同じく意味があってこうしている。
きっとそれは何一つの無駄もないのだと
久しぶりの撮影でまた一つ知った気がした。

<撮影メモ>

1枚目:ローアングルから見上げる位置で撮影しました。
    CANON EOS10D With Distagon25mm F.2.8 F4AE +1.0 ISO400 手持ち

2枚目:バックに樹が入るポジションを探して露出を変えて何枚か撮りました。
    CANON EOS10D With Planar50mm F1.4 F4AE +1.0 ISO4OO 手持ち
[PR]
by hirohassy | 2011-05-30 15:59 | 森の旅

湖畔にて

撮りためていた写真を眺めていたら、
数年前の早朝に撮影した1枚の写真に目が止まった。
朝早く宿を出て向かった晩秋の糠平湖でのワンシーン。

d0113745_10332285.jpg


静粛の中に鳥のさえずりと時折そよぐ風の音が思い出されます。
もう何年も訪れていませんが、
いつ行ってもこの地はボクにとってふるさとのような気がするのでした。

CANON EOS20D With EF17-40mmF4
[PR]
by hirohassy | 2009-11-01 10:36 | 森の旅

新緑の頃

幼い頃、探検に出かけた森の中で
こうして緑を見上げたことなどあっただろうか
大人になってそんな時間が少なくなると
それは貴重な時間となってしまうものです。

いつもより雨が多いような気がする日に。

d0113745_22241577.jpg


CANON EOS30D With Tele-Tessar200mmF3.5
絞り開放AE +1.0 ISO100
[PR]
by hirohassy | 2009-06-16 22:26 | 森の旅

しばらくは‥‥

多忙に本格的な撮影をすることができていません008.gif
あまり更新がないと人影も少ないので、
旧作ですがこれでお茶を濁して‥‥



d0113745_22505453.jpg


CONTAX RX With Sonnar135mmF2.8 & Ext,Tube27mm
F2.8AE +1.0 RDP3
[PR]
by hirohassy | 2009-05-05 22:54 | 森の旅