写真は心の旅の記録


by hirohassy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

恵みの森で

森の深い奥の滝を目指した。

川幅はだんだんと狭くなっていき、周囲の緑も濃くなり、
木々が渓流を覆い被るせいか薄暗くなっていく。
蝉の鳴き声も少なくなっていく...。

歩き疲れて小休止。

d0113745_10281244.jpg


こうした澄んだ水がある豊かな森は、
海を、そして生き物を育ててくれると思った瞬間でもあった。

<撮影メモ>
目指した滝に到達した時は感動しましたが、
ボクにとってはこのシーンが忘れられないものとなりました。

NIKON F5 with AF Nikkor20mmF2.8 f5.6AE -2/3 RDP3
[PR]
by hirohassy | 2007-08-26 10:32 | 森の旅

倒木との出会い

森の中をブラブラ歩いていたら、
直径がおよそ2メートルの倒木を見つけ駆け寄った。
横たわってかなりの年月が経過していた。

空に向かってそびえ立っていた頃はさぞかし、
立派だったに違いない。そんな感じがした。
d0113745_10162063.jpg


そんな時もこうして横たわり土に還りゆく時も
すべてに意味がある...
そう思いながらシャッターを押した。

<撮影メモ>
この写真はしゃがんで撮影したのですが、
立ち上がろうとした時になぜか「ぎっくり腰」になったのです。
数日後に痛みをこらえてまたこの倒木に会いに行ったら
不思議なことに治ってしまいました。
何かのメッセージだったんでしょうか。

CONTAX AX with Distagon25mm f5.6AE +1/2 RDP3
[PR]
by hirohassy | 2007-08-26 10:20 | 森の旅

岬にて

秋も近づく午後に、またこの岬に立った。
勢い良くボートが通り過ぎてゆく。
まるで短い夏のように...。

d0113745_20594952.jpg


<撮影メモ>
まだまだ残暑が残る8月下旬の「神威岬」です。
相変わらずたくさんの観光客がいてシャッター押しを頼まれ(笑)
そしていつになく微風でした。

NIKON E990 Digital with Wide-Converter WC-E24 f8AE
[PR]
by hirohassy | 2007-08-25 21:02 | 海の旅

なに思う...

函館からの帰り道、
いつものように海岸線をひたすら走る。
いつもは寄ることのない伝説の岬へクルマを停める。

d0113745_20571920.jpg


いったい彼は何を思いここに佇むのだろうか。
過去の栄光と未来の希望を胸になのだろうか...。

<撮影メモ>
願いをずっと思い続けていると、それはかなうということを知った、
生涯忘れることのできない思い出深い旅となりました。
いつも見る夕陽とは違ったものに見えたのでした。

PENTAX 645 with SMC-A PENTAX645 35mmF3.5 f11AE -1/2 RDP3
[PR]
by hirohassy | 2007-08-25 20:58 | 心の旅

夏も終わり

ぶらぶらと森の中を散歩した。
何気なく振り向くとトンボが小休止していた。
秋がすぐそこにやってきている空気を感じた瞬間だった。
d0113745_2220528.jpg


<撮影メモ>
森へ子どもたちと散歩に出かけた日のスナップです。
指先や帽子に停まるトンボと戯れた午後でした。
背景の木の配置とボケを生かしてみました。

NIKON E990 Digital f5.6AE
[PR]
by hirohassy | 2007-08-21 22:20 | 森の旅

雨の降る日に

十勝の森へ出かけた。

この日は朝からずっと雨で、
宿にずっと引きこもっていようか撮影に出かけようか考えていた。
でも、天気の良い日ばかりが撮影じゃないと
簡単な装備をして森にでかけた。



小さな川を渡り森を眺めていて
目の前に広がるどこにでもあるような様子を撮った。
しとしとと降りながら草木に重なる音を表現してみた。

<撮影メモ>
右上に見えるのは廃線となった鉄道のコンクリート製の橋です。
枯れているササと朽ちて行くだけの橋。
二つの時間をも重ね合わせてみました。

CONTAX RTS3 with Distagon18F4 f8AE -1/2 RDP3
d0113745_23334744.jpg

[PR]
by hirohassy | 2007-08-19 00:30 | 森の旅

黄金色の海

海へ夕日の撮影にでかけた。
この日だけは何を思ったのかいつもとは違う道を、
それも海岸線沿いではない遠回りの峠道を走った。

のんびりと上りを走り、
てっぺんにあるトンネルをくぐり抜けた下った瞬間、
黄金色に輝くこの光景を目にした。

d0113745_0105953.jpg


急いでクルマを停めて長いレンズをトランクから取り出して
無心にシャッターを押した。
あっという間に光は消え一瞬の輝きだった。

この後はグレー一色の空になり
思い描いていた夕日の撮影はできなかったけれど
そんなことなど忘れてしまった最高の1日だった。

<撮影メモ>
この光景を目にした瞬間に大興奮。
クルマを路肩に乗り上げて大急ぎで撮影の準備をしました。
高い位置から海を見ることが少なかったボクにとって、
違うアプローチを教えてもらえたもらった気がしています。

HASSELBLAD 500C/M with Tele-Apo Tessar500mmf8
F8 1/500 RDP3 上下トリミング
[PR]
by hirohassy | 2007-08-19 00:20 | ぶらり旅

移ろい

8月も終わりのある日、いつもの海へ向かった。
この日は朝から天気が目まぐるしく変わっていた。

d0113745_02326.jpg


カモメの鳴き声と波の音、潮風を全身に浴びながら
空の織りなす光と影を飽きることなく眺めていた。
自分の過去をそこに、重ね合わせて...

<撮影メモ>
この日の海は穏やかで風も少なく、
でも雲だけが忙しそうに動いていました。
姿を変え、光を変え、その大きさを変えながら...。

PENTAX645 with SMC-A PENTAX 645 35mmf3.5 f8AE -1/2 RDP3
[PR]
by hirohassy | 2007-08-19 00:03 | 海の旅

続・夕景

都会の雑踏にいた。
なぜか急に海が見たくなってクルマを飛ばす。
いつもの岬に立つといつもと同じ風景。

d0113745_23321286.jpg


でもなんだかいつもとは違う色と風がそよいでいた。
秋はすぐそこまでやって来ていた。

<撮影メモ>
晩夏らしい空気感を表現したいと手前に大きく穂を入れてみました。
だんだんと紅色に染まっていったのは予想外で、
また違った表現ができたと思っています。


CONTAX AX with Distgon25mmf2.8 f4AE -1/2 RDP3
[PR]
by hirohassy | 2007-08-13 23:33 | 海の旅

夏にありがとう

どこにでもあるような葉っぱが光を一瞬浴びる。
d0113745_23282817.jpg


小さな出会い、でも一瞬心惹かれる時。

<撮影メモ>
これは深い森の中でもなく、
たまたま休憩したちょっとした木々のある駐車場の横で撮影したものです。
吸い出したタバコの火を消して撮影に取り掛かりました(笑)

CONTAX RX with Sonnar 135mmf2.8 f2.8AE -1 RDP3
[PR]
by hirohassy | 2007-08-13 23:29 | 公園で