写真は心の旅の記録


by hirohassy
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

思い出

思い出は色褪せず...誤摩化さぬ...遠い軌跡...
好きな歌の一節が浮かび上がる瞬間だった。
目に映るすべてが愛おしいと思った。

d0113745_2295226.jpg


<撮影メモ>
撮影中に風に吹かれて飛んで来ました。
背景に古い橋をぼかしてシルエットにしてみました。


CONTAX ST With Sonnar135mmF2.8 & Ext,Tube27mm
F2.8AE +0.5 RDP3
[PR]
by hirohassy | 2008-01-31 22:21 | 森の旅

きのこ氷

凍結した糠平湖を縦断したとき、
あちこちでこうした「きのこ氷」を見かけました。

水位の下がった人工湖では切り株に乗った氷が、
こうしたユニークな姿で見ることができます。
そろそろそんな季節です。


d0113745_21302451.jpg


<撮影メモ>
きのこ氷とよく晴れた空の色と,輝く太陽の全てを写し込みたくなり、
仰向けになって寝転んで魚眼レンズで撮ってみました。

CONTAX AX With MC ZENITAR 16mmF2.8 F8AE +1.0 RDP3
[PR]
by hirohassy | 2008-01-31 21:40 | 森の旅

波止場にて

湿った雪の降る積丹半島へ旅に出た。
いつもと変わらない海と風と音にどこか安心したり。

d0113745_20571491.jpg


<撮影メモ>
消波ブロックにその雪の質感を写してみました。
どこか表情があるようにも見えました。

CONTAX RX With Distagon18mmF4 F8AE +2/3 RDP3
[PR]
by hirohassy | 2008-01-29 20:59 | 海の旅

頂で

荒れた翌朝にモエレ山へ登りました。
山頂には風雪が作った造形があちこちに。
人間には到底、真似のできないものだと思いました。


d0113745_20473892.jpg


<撮影メモ>
空気がピーンと張り詰めたような寒さの厳しい朝でした。
珍しく風が全くなく、思う存分に撮影しました。
これは地面に這いつくばって撮影した1枚です。

CANON EOS20D Digital With EF17-40mmF4(24mm)
F8AE +1.5 ISO100 手持ち撮影
[PR]
by hirohassy | 2008-01-29 20:51 | ぶらり旅

流氷に乗り...

流氷を見にオホーツク海の小さな街に行った。
海岸にはたくさんの塊が接岸していた。
すぐ目の前のそれにのり、ゆらり揺られて冬を堪能した。


d0113745_19541471.jpg


<撮影メモ>
寝転がっての撮影でした。
撮影を終えて移動しようとしたところ、この塊は岸から離れていて大慌て!
飛び移りながら岸に戻りました。別海町にて撮影

CONTAX RX With Planar50mmF1.4 F5.6AE +1.5 RDP3
[PR]
by hirohassy | 2008-01-25 19:57 | 海の旅

氷の世界

ダム湖の水位が下がると、
水面の凍結した氷はこのように大きな亀裂を生じます。
その厚さは1メートル近くなります。

亀裂が生じる時の音は言い表せない大きなものです。
ビシッ!バリッ!
自然の発する音は神秘的で人間には到底真似はできませんね。


d0113745_19421431.jpg


CONTAX RTS3 With Distagon18mmF4 F8AE +1.5 RDP3
[PR]
by hirohassy | 2008-01-25 19:43 | 森の旅

ひとやすみ

船首に止まり休んでいた彼。
これからの腹ごしらえを考えているのか。
遠くを見つめる瞳が魅力的に見えた。


d0113745_1935958.jpg


<撮影メモ>
流氷の接岸が始まり出した野付半島で撮影した時の1枚です。
バックの山は羅臼岳(のはず)です。

CONTAX RTS3 With Mirotar500mmF8 F8AE +0.5 RDP3
[PR]
by hirohassy | 2008-01-21 19:08 | 海の旅

造花の視線

少しだけ古びたラブホテルの一室に
きれいな造花を見つけました。
たくさんの男女の色々なドラマをきっと、
無言で見聞していたのではないでしょうか...。


d0113745_18542644.jpg


<撮影メモ>
片隅にあった、気になったこの造花を撮ってみました。
このブログの流れからすると不釣り合いかもしれませんが、
こんな小道具でもその存在の意味があるような気も...

背景のベッドと明かりをぼんやりとぼかし、
これからの時間を想像させるような感じにしてみました。

CANON EOS30D Digital With EF-S17-85mm F4-5.6 IS (17mm域)
F4AE +1.0 ISO400
[PR]
by hirohassy | 2008-01-21 19:00 | ぶらり旅

軌跡 2

うわ〜!っと歓声を上げながら一気に山をソリで滑り降り、
新雪に深く引いた軌跡を振り返る。
肩で息をしながら自分の道を知る。


d0113745_19583884.jpg


<撮影メモ>
大雪が降った翌朝のモエレ山でソリ遊びをした日です。
深々と積った雪の上で思う存分楽しみました。

NIKON E990 Digital With Wide-Converter Lens WC-E63
F8AE +1.5 ISO100
[PR]
by hirohassy | 2008-01-17 20:02 | 公園で

風の神の声

完全に凍結した湖を縦断する。
晴れている山の向こうから渦を巻いた寒波が
なんどもなんども迫ってくる。

その強い風は細かな氷を運びボクの体に容赦なく打ち付ける。
バチバチ!バチバチ!
ボクの体を遥か向こうに運び去ろうとしているようだ。
バタバタ!バタバタ!
立っていることもままならずしゃがみ込む。

自分の力では到底太刀打ちできないと知ったときボクは、
「くそっ!どこにでも運びやがれ!」と叫ぶ。
すると向こうの山から光が射したとき、
「勘弁してやるか」
そんな声が聞こえたような気がした。

自然の力の凄さとその懐の大きさの一面をまた知った。

d0113745_19241352.jpg


<撮影メモ>
撮影場所は厳冬の糠平湖です。
タウシュベツ川橋梁へ向かう途中に自分の歩いた跡を振り返りました。
すでに氷上にあったはずの足跡はありませんでした。


CANON EOS20D Digital With EF17-40mmF4 (17mm域)
250Sec,AE +1.0 ISO100
[PR]
by hirohassy | 2008-01-17 19:29 | 森の旅