カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

アーチ橋へ

この橋たちはどれだけの人や貨物を載せた列車を支えてきたのだろうか。

d0113745_17171763.jpg


たとえば

通学の学生たちの賑わい
旅行で目的地への思いを寄せる人
家族を支えるために都会へ仕事に向かう人

d0113745_1723490.jpg


そして

満載の木材を積んだ貨物列車
線路にたむろする動物たちへの警笛‥‥

晴れた日も雨の日も
吹雪いた厳しい冬の日も
たくさんの人の暮らしを支えてきたのだろう。

d0113745_17254115.jpg


記憶の時間とともに過ぎていき、いつかは失せてゆく
人間もこの橋たちも。

<撮影メモ>

数年ぶりに旧士幌線のアーチ橋たちへ会いに行きました。
また撮影に通いたくなりました。

1枚目

「三の沢橋梁」1955年に作られておりまだまだしっかりしていました。
新緑と映る影で季節感を出してみました。

 CANON EOS 30D Digital With EF-S 17-85mm F4-5.6
 F11AE +1.0 ISO100(50mm域)

2枚目

「三の沢橋梁」1枚目の反対側より切り株を入れて撮影。
 向こうに見えるのは国道の橋です。

 CANON EOS 10D Digital With Super-Takumar 24mmF3.5
 F8 1/2AE -0.5 ISO100

3枚目

「五の沢橋梁」コンパクトな橋でいつも訪れていました。
 倒木から伸びる枝と絡めて森の中という様子に。
     
 CANON EOS 30D Digital With EF-S 17-85mm F4-5.6
 F11AE ISO100 (20mm域)
[PR]
by hirohassy | 2011-06-01 17:47 | ぶらり旅